HOME > あるある、サービス残業 > 自分からは言い出しにくい?

労働問題とは

労働問題で上がる例は、労働条件、いじめ、嫌がらせ、募集や採用など多種多様にあります。例えば、休日の少ない仕事や、サービス残業の多さや、理不尽な理由での退職、退職金や解雇予告手当の未払、パワハラやセクハラなど、いざ、自分がその立場にたったとき、どうしたら良いのか分からない事がたくさんあります。正社員で入社したけれども、アルバイトの人と変わらない仕事内容で、休みもない。何のために仕事しているのか分からないという気持ちになってしまいます。結婚、出産を期に退職に追い込まれる場合など、いつまでたっても労働問題は、減りません。自分に降りかかったとき、どうすればいいのか。また、自分には、関係ないと思わず、自分の身は、自分で守っていかなといけないです。

このページの先頭へ

無くならないサービス残業

サービス残業とは、1日8時間、1週40時間の法律で決まっている労働時間を超えて働いた時や休日に働いた場合に時間に応じた割増を含んだ給料が支払われない事を言います。会社に申告しにくい場合や、上限を超える分は、カットされてしまう場合、申請しても認めてもらえない場合など、サービス残業は、色々なパターンがあります。タイムカードを改ざんされてしまっている場合もあります。会社の風習で、定時にタイムカードを押さざるおえない環境の場合もあります。いまだに残るサービス残業の実態は、多数あります。せっかく働いてもお金にもならず、忙しくしていて、体を壊してしまう人もいます。メリハリのない毎日に気分も沈んで、心の病になる場合もあります。

このページの先頭へ

訴える事が怖い

いつまでたってもサービス残業が減らない理由の一つに、日本人の悪い癖もあります。なかなか自分からは、サービス残業については、言いにくいという点です。時には、風習になりすぎて、サービス残業をしていることに気がつかない場合などもあるかと思います。言い出しにくい理由として、どのように訴えれば良いのかも分からない人も多いと思います。サービス残業は、在職中でも請求が可能です。報復人事などのデメリットも気になりますが、労働基準法によって、守られています。残業代を請求するためにいちいち会社を辞めていたら、キリがありません。今後のためにも、何時に仕事をはじめて、何時まで仕事をしていたかを記録し、何かがあった時には、提出できるようにすることが大切です。自分を守るのは、自分です。

このページの先頭へ