HOME > あるある、サービス残業 > わざと残業してると思われる?

残業手当について

日本人はとても真面目で、世界の中でも労働時間は上位に入るほど、勤勉でワーカーホリック気味な傾向にあります。
といっても、多くの人は仕事が好きと言うよりも、仕事量が多くて終わらなかったりという理由であることがほとんどだと思います。過労死なんて言葉が一般的にも馴染みがあるくらい、日本人は真面目に働く人が多いようですね。
ただ、同時にサービス残業という言葉も、今や聞きなれた言葉かもしれません。通常出るはずの残業代ですが、そのための賃金が支払われず、ただただ長時間労働を続けているという方だってたくさんいるはずです。
法律的には、労働基準法の中にしっかりと法律として定められている決まりはあります。一定時間以上の超過勤務、もしくは定められた時間外の時間外労働については、会社ごとに定められた基本給の中から残業代として一定額を計算し、支払うことが法律によって決められています。
しかし、現状ではこの残業代や深夜手当などが支払われていない会社がほとんどと言ってもいいでしょう。会社の中には、採用時にその旨を伝えるような所もあるくらいです。
この不景気の中、企業はどこも厳しい状況なのに変わりはありませんが、働く私達の生活だって厳しいことには変わりありません。法律でしっかりと定められているのですから、当然支払われていないことを訴えれば、残業代をさかのぼって支払ってもらうことも可能です。
ただ、そこで障害になってくるのが日本人の生真面目さといいますか、真面目な性格でしょう。
例えば、自分の仕事が終わっていても、周りがまだ仕事をしているから帰り辛いですとか、周りが何も文句を言わないから自分も何も言えない、といったことは誰にでもあるかと思います。
確かに過去の分であっても、きちんと労働時間を記録してあり、その時間帯に仕事をしていたと証明できれば残業代はさかのぼってもらうことができますし、それが正当な訴えではあります。
しかし、それを上司などに訴えれば、会社に居づらくなってしまうこともありますし、無駄な労働をわざと残業して行っていると難癖をつけられるケースもしばしばみられます。
ですが、真面目に働いているのですから、正当な対価は欲しいものです。難しい問題ではありますが、自分の労働に見合うだけの報酬は手に入れてしかるべきものなのです。

このページの先頭へ