HOME > 休日出勤のカラクリ > 法定休日と法定外休日

法定休日と法定外休日とは

労働者の賃金や就業時間・休息など、最低限の就業規制を定められた労働基準法があります。その法律に守られ、心身ともに安心して私たちは労働が行えています。その中の法定休日と法定外休日とは、どのようなことなのでしょうか?
法定休日とは、労働基準法に定められた1週間に1回以上の休日を最低限与えるという法律です。これが守られずに休日を与えない場合は、法的にも認められません。会社の就業規制などによって法定休日は決められているので、会社によって異なります。休日は午前0時から午後12時までの24時間で、1日とカウントされます。そのため労働者ごとに法定休日を変えることで、シフトを組んで年中無休の24時間を営業することも可能です。万が一法定休日に労働をさせる場合は、企業は通常賃金の35%以上50%未満の、割り増しをして支払う必要があります。その後、代休を与えることが義務付けされています。労働基準法で定めた労働基準を上回る条件の場合には、何の問題もなく認められます。有給休暇・産前産後休暇なども、法定休日に含まれます。
法定休日が週末休制でない場合は、4週間に4日の休日を指定してお休みする変形休日制を採用します。1週間に40時間の労働に収めて、1日8時間労働を超えないことが条件になります。そのため実践する場合には、1日の労働時間を変更する要があります。変形休日制の場合には起算日の明記が義務づけされているので、就業規則上において、明確にしておく必要があります。法定外休日は週休2日制の会社の場合、就業規則で定められた法定休日以外のもう1日の休日を法定外休日と呼びます。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどは法定外休日となります。就職の際には法定休日と法定外休日がいつであるのかを、きちんと把握しておくことが必要になるでしょう。休日出勤をした場合、賃金が割り増しで支払われているのかその分の代休が割り当てられたかなども確認することができます。守られていない場合には、企業側に申し立てることが出来ますし、知らないと損をしてしまいますのでくれぐれも確認を怠らないようにしましょう。

このページの先頭へ