HOME > 休日出勤のカラクリ

振替と代休」について

休日出勤をする方は多くいらっしゃると思いますが、その際の給与がどうなっているのか、お休みはどうなっているのかまでしっかり考えたことのある方はいるでしょうか?
たぶんほとんどの方が休日出勤ということを勘違いされているかと思います。まず休日出勤は、平日のように休日に会社に仕事に来るということです。
ですが休日出勤をするとき代休を使用しますか?振替休日を使用しますか?それを勘違いすると給与に変動が出てしまいます。
代休も振替もどちらも、「本来出勤しなくてもよい休日に出勤したから、別の日に代わりにお休みをとる」ということでは同じですが、言葉が違うのは、内容が全然違うからなのです。代休とは、「休日に労働し、改めて別の日に休日を設定をする」ということで、給与計算では休日に出勤をして労働という扱いになるので、割増賃金と通常の時間給を支払わなければなりません。
振替休日というのは、その名前の通り「本来労働する日と休日を取り換える」という意味です。なので代休と意味が異なり、たとえ本来休日であった日に労働を行っても、通常通りの給与しかもらうことが出来ません。これらのことをしっかりと把握していないと、自分が損をするだけです。会社の給与計算や人事の方などが、このように休日出勤についてや代休、振替休日などを理解している方はとても少ないので、自分で知っておくしかありません。正確には、休日出勤の場合、通常日給に35パーセントの割増になります。よく休日出勤をする方などは、このことを知っておくだけで給与は変わってきます。
また、給与計算している方のほとんどの方が知らないのが、休日で残業を行った場合などにもさらに残業代の割増が加算される事や、週40時間の労働を超えた分もさらに残業代を支払わなくてはならないということです。毎日の残業代に加え集計算で超えた分も支払わなければなりません。このように知っておかないと、自分が損をしてしまうことばかりです。
休日出勤の際は、代休使用なのか振替休日なのかをしっかり把握しておきましょう。知っている会社は振替でお休みをとるように指示などをする場合などがあるので、自分がこのカラクリを知っていれば、損をすることはなくなります。

このページの先頭へ